ラブレ菌などを含む発酵食品には多様な効果があるためにサプリでも注目

 

ラブレ菌などを含む発酵食品には多様な効果があるためにサプリでも注目人類の英知によって生み出された食品には、有用な働きをする微生物や細菌類が多いことが分かり、近年になって注目されるようになりました。微生物では酵母が代表的なもので、日本においては清酒から味噌に至るまで、醸造の分野で多用されています。清酒の副産物になる酒粕には、食物繊維のような働きをするレジスタントプロテインがあることも分かっています。

 

細菌類で注目されているのは、牛乳や野菜類を醸すために利用される乳酸菌です。牛乳の場合には、ヨーグルトやチーズを醸すために使われ、高タンパクで風味も豊かなことで人気を集めてきました。植物性乳酸菌は、従来は食品を長期保存するために使われていました。秋に収穫した大根は、そのままの状態では腐敗することになるため、何とかして保存する必要がありました。干した大根に対して、米糠と塩を加えて発酵させると、植物性乳酸菌の宝庫となる沢庵漬けになります。沢庵漬けには食物繊維も多く含まれることから、便秘予防の効果があることも有名です。

 

日本は漬物大国と呼べるほどに種類が多いのですが、特に京都は有名です。京都では酸茎という植物を冬場に利用する伝統が生まれ、長年にわたって製法が受け継がれてきました。大根に似た酸茎を塩だけで漬け込むと、植物性乳酸菌の作用で酸味が生まれると同時に、各種のビタミン類が新たに増えるのは糠漬けやキムチと同じです。しかしながら、すぐき漬けに含まれる乳酸菌は独自な特徴があるため、調べてみるとラブレ菌という種類に分類されることが分かったのです。このラブレ菌は便秘予防や食事習慣の改善に役立つことから、現在では乳酸菌飲料やサプリの原料としても使われています。

 

発酵が生み出す細菌類では、納豆菌も同様に注目される状況です。昔ながらの製法で納豆を作る場合には、稲ワラを用いることになるわけですが、この中に含まれているわけです。最初には熱湯で殺菌しても納豆菌だけは死滅することなく、茹でた大豆に浸透してタンパク質をアミノ酸に変える働きもします。さらに、納豆菌は酵素のナットウキナーゼも産生することで、腸内環境や血液の健康を整えるための働きもするのが特徴です。このような効果を手軽に発揮するために、納豆菌が入ったサプリも開発されています。

 

人類が生み出した発酵食品には、パンのように芳香を放つものがある一方で、鮒寿司のように強烈に臭いものがあります。現在では有用菌だけを抽出する技術もあるため、強い臭いの発酵食品が苦手な場合でもサプリから摂取できます。