プロバイオティクスの効果とは?サプリと食事で腸内フローラ改善

 

プロバイオティクスの効果とは?サプリと食事で腸内フローラ改善人間の腸には約100兆個にも及ぶ、様々な腸内細菌が存在しており、それらの細菌は種類ごとにまとまって生息しています。色々な腸内細菌が集まり、花畑のように見える様子を腸内フローラといい、そのバランスを整えることが、健康な体を維持するためにとても重要だといわれているのです。
腸内細菌は様々な役割を果たす持っており、その中でも体に良い作用を持つものが、プロバイオティクス、あるいは善玉菌と呼ばれています。
よく知られている善玉菌として、ビフィズス菌や乳酸菌などを挙げることが出来るでしょう。腸内環境改善に役立つこれらの細菌を含む食品も、いわゆるプロバイオティクスに該当します。

 

プロバイオティクスを生活に取り入れる方法として、食事やサプリメントを挙げることが出来るでしょう。食事で腸内環境を整える場合、ヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料、糠漬けなどの発酵食品を積極的に摂るのが効果的でしょう。これらの食品には善玉菌そのものが含まれており、お腹の調子を整える効果があるとされています。
また、善玉菌のエネルギーになる食品として、玉ねぎやバナナ、とうもろこし、海藻類などを挙げることができます。これらの食品は、善玉菌のエネルギーになる成分が多く含まれているため、発酵食品と一緒に摂取すれば、より効果を高めることが出来るでしょう。

 

逆に、腸内の細菌バランスを崩してしまいやすい食事として、高タンパク高脂質に偏ったメニューを挙げることができます。タンパク質や脂質は、身体にとって必要な栄養素であり、過剰に控え過ぎれば健康に負担がかかってしまいます。しかし、肉類だけを摂取したり、野菜や海藻などをほとんど食べないという食生活をおくると、腸内の悪玉菌が増加してしまい、腸内環境を悪化させてしまうでしょう。
野菜や海藻、発酵食品などをバランスよく毎日の食生活に取り入れていくことが、腸内環境を健康に保つ秘訣だといえます。
腸の働きが低下してしまうと、身体に必要なエネルギーを十分に吸収できなくなったり、体内の老廃物の排出が停滞するといわれています。健康と美容のためには、腸内の細菌バランスを整えて、身体の内側からケアしていくことが必要だといえるでしょう。

 

外食の機会が多く、なかなか健康的な食生活が送れない、なんとなくいつもお腹の調子が良くない、そんな場合にはプロバイオティクスのサプリメントを試してみるのも、一つの手です。サプリメントであれば、毎日手軽に乳酸菌を摂取できますので、食生活が偏りがちな方に最適でしょう。